お金大好きサラリーマンの日常【投資・資産運用】

お金大好きな80年代生まれの中流サラリーマンが資産運用を通じて不労所得を構築するブログです。

一人暮らしの平均貯蓄額744万円!?そんなわけないでしょ!

他人の貯金金額って気になりますよね?

家庭を持ってしまうと魔のお小遣い制や、生活費が増えることで自由になるお金も減ります。

しかし独身時代は給料すべてが自分のお金なので、その使途によっては同じ勤続年数でも貯金金額に大きな差が出てしまいます。

 

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査【単身世帯調査】」(2018年)によると、単身者(一人暮らし)の人の平均貯蓄額は744万円、中央値は50万円という結果が出ていました。

news.finance.yahoo.co.jp

 

 記事によると、単身者世帯の平均貯蓄金額は744万円、中央値で50万円だそうです。

記事でも紹介していますが、平均金額と中央値は全く意味するものが違います。

平均が高いのは一部の超富裕層などのデータが全体をけん引しているためです。

まずは自分の世帯の中央値を意識しよう

中央値は一言で言えば、100人中50位のデータを表したものです。

あるグループの真ん中より上、という位置ですね。

日本人は特にこの『真ん中より上』に自分が位置することで安心感を得ます。

 

中央値50万円は妥当な数字

貯蓄金にも様々な用途があります。生活費の補填や、いざという時の生活費として取っておくお金。自分の夢や欲しいものを手に入れるための資金。突発的に入ってきた臨時収入に手を付けず、何となく入っているお金、etc。。。

一般的に単身者の生活費は特に贅沢をしなければ12万円~15万円程度です。

いざという時の生活予備費は3か月が理想とされていますので、保険としての貯蓄であれば、50万円は非常に合理的な金額といえます。

逆に『貯金が50万円も無い』という人は、有事の際に非常に困窮する恐れがありますから、まずはこの50万円を貯蓄することを目指すべきでしょう。

実は金融資産保有

この記事の『貯蓄額』は実は『金融資産保有額』の調査結果です。

つまり証券や債券などの資産運用している金額を示しています。

おそらく平均金額を上に引っ張っているのは富裕層の資産運用額でしょう。

では、中央値50万円(全体の半分)の人は高確率で現金貯蓄の50万円と思われます。

つまり、単身者の50%以上は資産運用をしていないことの裏付けとも言えます。

この現状はもったいないと言わざるをえません。

単身者時代こそ資産を積むチャンス

人生には3回、資産を増やすタイミングがやってきます。

その一つがこの独身時代です。

独身時代に積み立て貯蓄・資産運用をしていたか否かで、後の30年の社会人生活・その後の30年の老後生活が大きく変わります。

 

単身者の方々には、是非この機会に浪費から資産形成への方向転換をしてほしいと思います。