お金大好きサラリーマンの日常【投資・資産運用】

お金大好きな80年代生まれの中流サラリーマンが資産運用を通じて不労所得を構築するブログです。

【金融庁試算】2000万とか3000万とか、そういう問題じゃないんじゃないか?

f:id:koshianman:20190618164636p:plain

こんにちは あじおです。

金融庁の老後資金資産のニュースが連日続いています。

当初の試算では2000万円が必要だ!といってみたり、すぐ撤回したらやっぱり3000万円必要だと言ってみたり。

正直、試算がいくらであろうと、年金だけで生活できないことなど既に全ての国民が理解していなければならないことですし、超高齢化・少子化の社会で今の年金制度が成り立つと思うほうが常識から逸脱しています。

そもそも金融庁報告で資産運用を煽ったのも、タンス預金の開放を促進したいからでしょうし、本当の資産保有者は年金が終わって自助で生きていかなくてはならないことくらい分かっています。

そして案の定、自力で生きていけない層が噛みついた+野党が焚きつけて批判しているという構図。非常にくだらないですね。

自助への備えと公助に頼る覚悟が必要

試算は試算として見た場合、生活レベルを下げずに老後に突入すると、どこかのタイミングで困窮することが明らかです。これはたとえ2000万あっても3000万あっても、残高は時間と反比例して減少していきます。この対策が必要なのは間違いないです。

理想は年金制度が破綻しても生きていくことが出来ることです。そもそも借金だらけの日本に養ってもらおうという感覚がおかしい。そのためには、老後リタイアした後も、継続的に収入を得られる方法を手に入れることが必要です。

『自助』のためにも資産運用によるインカムを確保する必要があるのです。

 

しかし一方で、そんな資産無いしこれから構築することは不可能、という人もいるでしょう。年金という『公助』に完全に依存する形です。

これは非常にリスクのある生き方です。年金制度の限界と共に公的医療の限界も来る可能性もあり、ダブルパンチで困窮していきます。究極は死ぬまで病気になることさえできない、という状況になることも考えられます。

『公助』に依存して生きていくということは、それほどのリスクを背負う覚悟が必要です。

さらに単身者の老後で『公助』頼りとなると、孤独死一直線となってしまいます。

いざという時の家族、特に子供がいると心強いですね。

結局自助で収入を産み続ける必要がある

というわけで、老後に突入する前に作っておくべき資産は、自分が働かなくても利益を生み続ける金の成る木です。いわずもがな、インカムゲインを安定して生み出してくれる資産を構築することです。

願わくばその金の成る木を子供に渡していける、勝ち組になりたいですね。